元気がほしい時に感じたい音楽 ~イジャイ~

元気がほしい時に感じたい音楽 ~イジャイ~

みなさん、元気がほしい時、どうしてますか?

映画を観るもよし、お笑いを見るもよし、好きな人と会うもよし、一人でぼーっとするもよし。
いろんな選択肢がありますが、元気を引き出してくれる、おすすめグループがあります。

アンデス音楽グループ
イジャイ ILLAY

(私は、イジャイとピースボート2018ゴールデンウィーククルーズで出逢いました。)

イジャイとは


南米にてインカの時代から話されている、ケチュア語輝きという意味です。

ペルー出身、静岡在住のアンデス音楽グループで、
ケーナサンポーニャの音色は、心を解放させてくれます。

「コンドルは飛んでいく El Cóndor Pasa」などのアンデスのフォルクローレから、
全国をめぐってインスピレーションを受けつくったオリジナル曲まで、幅広く演奏しています。

兄弟親子で息のピッタリあったダンスをしながらの演奏は圧巻です。

 

メンバー

彼らは、現在2~5人で活動中。

リーダーのジョンさんは、日本に来て19年目。
東京ディズニーシーで、ラテンアメリカの民族音楽にダンスを混じえ演奏を行うためにやって来ました。

アレックスさんも翌年からディズニーシーで演奏するために来日。
2人とも日本で家庭を持ち、今では子どもたちも一緒に演奏しています。

子どもたちが音楽をはじめた理由は、
お父さんがカッコイイからお兄ちゃんがカッコイイから従兄弟がカッコイイから

自分でやりたいと思って音楽しているから、みんなとっても楽しそう。

 

 

元気になるワケ

あなたにとって音楽とは?

ジョンさんは言います。

「音楽は命です」

イジャイの音楽は、命が宿っています。

「音楽を感じるみんな、演奏しているみんなが楽しくいられるように、命を込めて演奏しています」

演奏しているメンバーがとっても楽しそうなので、聴いている人も自然と身体がリズムに乗ってきます。

そして、メンバーが家族ということもあり、とっても仲良し。

にあふれていて、一緒にいると自然とやさしさに包まれた気持ちになります。

音楽の力で元気が引き出されてきます。

 

アクセス

週末、静岡本厚木の駅前で演奏しています。

遠いよ、という方も気分を変えて小旅行してみると気分転換にもなりますね。

ホームページはこちら→ILLAY
※最近は更新されていないので、スケジュールを知りたい方はFacebookやメール(akiaquiaki@hotmail.com)から連絡してみるのがよさそうです。
もしくは、このページのコメント欄に連絡もらえれば、投稿者senchicchiから連絡してみます。

 

 

余談

沖縄では”夜の潮干狩り”を「イジャイ」というそうな。
冬の沖縄の海の風物詩の一つです。

春から夏のシーズンに行われる潮干狩りは、潮が最も引く日中に行われますが、
「イジャイ」は最も潮が引く冬季の夜、大きく潮が引く満月の夜に行われます。
特に年末にかけての大潮は一年で一番潮が引く時期となり、懐中電灯を持って海の浅瀬でタコやエビ、魚や貝などを捕るそうです。

いつかイジャイとイジャイしてみたいな!