フリーダ・カーロが生きた町 メキシコシティ・コヨアカン

フリーダ・カーロが生きた町 メキシコシティ・コヨアカン

メキシコシティに行ったら訪れたい地区コヨアカン。メキシコを代表する画家である、フリーダ・カーロディエゴ・リベラが暮らした家が博物館として現存しています。閑静な住宅街とアートな公園や博物館が程よく立ち並ぶ、歩いているだけでも楽しい地区です。
メキシコシティ市内西南部に位置し、メトロで「Coyoacán」まで簡単に行くことができます。(メトロの乗換に便利なアプリはコチラ

コヨアカンについて、行き方

コヨアカンCoyoacánは、ナワトル語で「コヨーテの地」という意味です。かつては、コヨーテが住むところだったようですね。今は、メトロのマークや銅像など、いたるところでコヨーテのモチーフが見受けられます。
メキシコを征服したスペイン人のエルナン・コルテスが生活の拠点としたところだそうです。コロニアル調の閑静な住宅街は、ゆったりと散歩するのに適したところです。

コヨアカンへは、バスツアーもありますが、メトロでも簡単に行くことが出来ます。
メトロ「COYOACAN」で下車し、ゆっくり20〜30分ほど歩くと、コヨアカン中心部の公園に着きます。ここにもシンボルである、コヨーテをたくさん見つけられるでしょう。

Plaza Jardín Centenario

 

フリーダ・カーロ

メキシコについて調べるとき、一度は目にする名前ではないでしょうか。つながり眉毛の自画像が印象的なメキシコを代表する女性アーティストです。メキシコ壁画運動の第一人者であり夫であったディエゴ・リベラとともに、500メキシコペソの紙幣両面に描かれています。

病気や事故の後遺症とたたかいながら、波乱万丈に生きたフリーダ・カーロは、作風にも彼女独特の世界観があらわれています。想像を越えたエネルギーを持つ絵や製作物の数々に圧倒されるとともに、アートには既成概念や当たり前の枠は必要ない、苦しみながらも自由を求めつづけるんだと強い意志を感じます。

フリーダの代表的な作品は、次に出てくる「青い家」やチャプルテペック公園にあるメキシコ近代美術館で見ることが出来ます。

 

青い家 フリーダ・カーロ博物館

フリーダ・カーロは、人生のはじまりとおわりをコヨアカンで迎えました。フリーダ・カーロの生家「青い家」は、現在「フリーダ・カーロ博物館」として、人気を博しています。

朝から大行列の青い家

フリーダとディエゴが住んだ、太陽の光がコバルトブルーを一層鮮やかにしている青い家。フリーダやディエゴの作品の展示はもちろん、フリーダが着ていた衣装や、二人が暮らしたキッチン、寝室、アトリエも見学することが出来ます。

フリーダ・カーロ博物館は、朝から行列ができるほど大人気です。入り口左側の大行列は、当日券を求める人たち。強い日差しの中、長時間並ぶのは大変です。
行くときは、必ずWEBでチケットを購入しておきましょう。WEBでチケット購入が済んでいると、入場時間の10分ほど前から、入り口右側に並べばOKです。携帯でチケットページを提示して入りましょう。
写真撮影するには、中庭でカメラ許可シールを購入する必要があります。写真を撮りたい方は、忘れずに購入してくださいね。

住所:Londres 247, Del Carmen, Coyoacán, 04100 Ciudad de México
最寄駅:メトロCOYOACAN駅、徒歩25分ほど(散歩がてら歩けます)
入場料:大人平日250ペソ、大人週末270ペソ
撮影許可:30ペソ
時間:火・木〜日→10:00-17:30、水→11:00-17:30、月→休み
チケット購入はコチラから→museo FRIDA KAHLO
チケット購入が完了したら、携帯には下記のようなページをダウンロードしておきましょう。

 

アートの街

コヨアカンは、青い家のほかにも魅力的なところがたくさんあります。

青い家から南へ3ブロック目に「コヨアカン市場」があります。野菜やお肉などの食材から、日用品、おみやげ物まで様々なものが売られています。目の前でつくってくれるタコス屋さんや、ちょっとしたカフェもあるので、散歩の休憩やお昼ごはんに寄るのもいいですね。公設トイレ(有料・安い)もありますよ。

市場の前の公園「アジェンデ公園」には、絵描きさんが集まっています。お気に入りの一枚が見つかるかもしれません。

さらに南西へ行くと、大きな「イダルゴ公園」やコヨーテの噴水がある「センテナリオ公園」、おみやげ雑貨がたくさんの「民芸品市場」があります。この辺りには、カフェがたくさんあり、くつろぐことのできる憩いの場です。民芸品市場には、可愛いベンチもたくさんあって、遊びゴコロをくすぐられます。

散歩するだけでも楽しい、フリーダ・カーロの故郷・コヨアカン。アートに囲まれ、ゆったりとしたひと時を楽しんでください。

楽しい旅を。¡Buen viaje!

※2020年はじめの情報です。(子ども料金については記載していません)
子ども料金や日程や料金変更ないかなどは、行く前にチェックしてくださいね。